Warning: include_once(/www/a-mail/storeroom-net.com/public_html/wps/wp-content/plugins/contact-form-7/wp-contact-form-7.php): failed to open stream: Permission denied in /www/a-mail/storeroom-net.com/public_html/wps/wp-settings.php on line 305 Warning: include_once(): Failed opening '/www/a-mail/storeroom-net.com/public_html/wps/wp-content/plugins/contact-form-7/wp-contact-form-7.php' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear:/usr/share/php') in /www/a-mail/storeroom-net.com/public_html/wps/wp-settings.php on line 305 Repetto model:Cendrillon & MICHAEL / John branigan ノーカラーニットコート | StoreRoom

BLOG

Repetto model:Cendrillon & MICHAEL / John branigan ノーカラーニットコート

2013/9/18

storeroom is a room where you keep important, necessary things for a long time.While looking for important items in “storeroom”,  you may find something  unexpected, a long-forgotten treasure.  You can bring back memories and feel new pleasure in “storeroom”.

 

 

 

「物置」という意味。大切で必要なものを永く保管しているところ。 その「物置」では、大切なものを探していると、思いがけない発見もある。 「他にもこんなものがあった!」と忘れていた大切なものと再会。思い出の回想と共に、また新たな喜びを感じられる場所。

 

 

 

 

 

皆さま、こんにちは。

 

 

ストアルーム、富田です。

 

 

9/7(土)、今年も一夜限りのファションの祭典 ”FASHION’S NIGHT OUT(FNO)2013” が開催されました!!

 

 

雑誌”VOGUE”が主催、今年で5回目を迎える、表参道・青山・原宿エリアの約600店舗が参加する

 

 

華やかなグローバル・ファッションイベント”FNO”。

 

 

17:00から表参道ヒルズでオープニング・セレモニーがスタート。オープニングイベントでは、スペシャルライブや

 

 

プロフォトグラファーの撮影によるスナップ企画などイベントを盛り上げる企画が多数開催。参加ショップでも

 

 

様々なイベントやパーティー、限定アイテムなどの販売などが行われ、ファッションを愛するたくさんの方々が

 

 

夜遅くまでショッピングを楽しまれてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

StoreRoomもたくさんのお客様に足を運んでいただき、サーブしたドリンクを片手にショッピングタイムを楽しんで

 

 

いただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来日していたイギリスのファー&レザーアイテムの人気ブランド、”KARL DONOGHUE(カールドノヒュー)”の

 

 

デザイナーの方(左)とスタッフのお2人も、当日はStoreRoomに来店されモヒートを片手にお写真をパチリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

StoreRoomの店内もすっかり秋物一色に。

 

 

 

 

     

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

ここ最近少しずつ秋を感じさせる気候になってきましたので、皆さま秋物に興味深々のご様子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・では本題へ。

 

 

まずは、”Repetto(レペット)”!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Repetto(レペット)

 

 

1947年、有名なバレエダンサーであり振付家であった息子 ローラン・プティの助言により、

パリ・オペラ座にほど近い小さなアトリエでローズ・レペットが、ダンスシューズのデザイン、制作をスタート。

”Repetto(レペット)”は、瞬く間にダンサーたちの定番となりました。ブランド誕生の翌年にはトゥシューズの

技術を転用し、タウンユースのシューズの製作を開始。上質な履き心地とデザインの良さで、シューズブランドとしても

その名が広く知られるようになりました。1956年には、女優 ブリジット・バルドーの依頼で誕生した

フラットバレリーナシューズがたちまち大ヒットとなり、この成功から”Repetto(レペット)”の

神話が始まりました。70年代にはバレエシューズの持つ機能性を活かした、

ファッションとしてのアイテム展開をスタート。

 

現在も、フランス ドルドーニュ地方にアトリエを構えるメゾンとして、

60年以上に渡り、伝統的な技術を用いた確かなクオリティと美しさを約束する

シューズを手作りで生産し続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレエシューズブランドとして圧倒的な人気を誇る”Repetto(レペット)”。

 

 

フランスのバレエ用品メーカーとしてスタートし、現在でも世界中の一流ダンサーやフランス国立リヨンオペラ座、

 

 

パリ国立オペラなどのバレエ団体を顧客に持ち、バレエ関係者の多くが愛用するヨーロッパNo.1のトップブランドとしての

 

 

地位を維持し続けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Repetto (レペット )

model:Ballerina Cendrillon

material:Goatskin suede

col.Black /Chic camel    ¥26250

 

ジャン=リュック・ゴダールやルイ・マルなど、ヌーヴェルヴァーグの巨匠の作品に数多く主演。フランスのアイコン的な

 

 

大女優であるブリジット・バルドー。当時ダンサーの卵だった彼女は、ロジェ・ヴァディム監督の作品”素直な悪女”で

 

 

使用する靴を”Repetto(レペット)”にオーダーしました。

 

 

この依頼を受けローズ・レペットがデザインしたのが、フランスのマリリン・モンローと形容されたブリジット・バルドーに

 

 

ぴったりな、官能的なカーマインレッドのタウン用バレリーナシューズ。

 

 

ブリジット・バルドーの愛称である”BB(ベベ)”と名付けられたそのシューズが、こちらの”サンドリオン”です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブリジット・バルドーのリクエストは、”足の指の付け根が見えるぐらい、甲の深いカットの靴が履きたい”というもの。

 

 

その要望通りデザインされた”サンドリアン”は、甲の深いカッティングによる大人の女性らしさと、フロントに配置された

 

 

リボンのフェミニンな雰囲気が、絶妙なバランスのバレエシューズに仕上がっています。

 

 

カジュアルからエレガントまで幅広いスタイリングに対応してくれる、”Repetto(レペット)”の中でも特に人気の高い、

 

 

ベーシック且つ、アイコニックなモデルはファーストRepettoにも最適。

 

 

色違いでいくつも欲しくなる飽きのこないデザインが魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンスシューズの製法に由来する、”stitch and return(スティッチ&リターン)”製法で作り上げられたスェード素材の

 

 

”サンドリオン”。履き口部分のグログランテープの内側にはフロントのリボン部分とつながるドローコードが通っており、

 

 

履き口を調節することでサイズ調整が可能。耐久性にも優れたゴートスキン(山羊革)は、革の中でも最も柔らかく

 

 

しなやかで、足をしっかりと包み込む完璧な履き心地を実感できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レオノール・フィニによるロゴデザイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Repetto(レペット)

model:Ballerina Cendrillon

material:Patent leather

col:Black/Classic blue    ¥27300

 

上のゴートスキンスェードのバレエシューズと同モデル、ボディにパテントレザーを使用した”Repetto(レペット)”の

 

 

定番中の定番な1足。フレンチシックなシルエットをエナメルの質感が引き立ててくれます。

 

 

ゴートスキンスェードのシックキャメルと同様、クラッシックブルーは今季の新色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンスシューズの作り方に由来する独自の ”stitch and return(スティッチ&リターン=靴底を表裏の状態で縫ってから

 

 

ひっくり返す)製法”は、ローズ・レペットが生み出したテクニックで、彼女はこの製法を用いて最初のダンスシューズを

 

 

作り上げました。現在も”Repetto(レペット)”のタウン用シューズには同様の手法が用いられ、フランスのドルドーニュ地方

 

 

サンメダール・デクシドゥイユにある工場で、職人達の伝統技術によって作りあげられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンスのような激しい動きにもたえうる耐久性、軽さ、しなやかな履き心地を兼ね備えた”Repetto(レペット)”特有の

 

 

タウン用シューズは、一度履いたら手放せない、ヘビーユース間違いなしのアイテム。リピーターが多いのも頷けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

側面裏地にはオフホワイトのキャンバス地、インソールは白のシープスキンソールを使用しています。

 

 

アウトソールは柔らかいバットレザーの一枚革になります。 革製のヒールは高さ1cm。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイケル・ジャクソンへのトリビュートシューズとして作られた”Jackson Jazz Shoe”。

 

 

発売後人気を博し、”MICHAEL”と改名し”Repetto(レペット)”の定番アイテムとして殿堂入りを果たしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Repetto(レペット)

model:Loafer MICHAEL

material:Patent leather / France Velvet and Distressed goatskin

col:Black   左:¥33600 / 右:¥35700

 

スッキリと細身のシルエットにマニッシュなルックスの”MICHAEL”。

 

 

それぞれ素材はベルベットとアンティーク調のゴートスキンのコンビネーション、オールパテントレザーを使用、

 

 

どちらも軽やかでスタイリッシュな雰囲気に仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも上のバレエシューズと同様、”stitch and return(スティッチ&リターン=靴底を表裏の状態で縫ってから

 

 

ひっくり返す)製法”によって作られ、履き口には着脱時の摩擦に耐えられるよう縁に、パテントレザーはグログランの、

 

 

コンビネーションはゴートスキンのそれぞれパイピングが施されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インソール、アウトソールも同じく、それぞれ白のシープスキンソールにバットレザーを使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”MICHAEL”の側面裏地はオフホワイトのリネンライニング生地。かかと部分にはクッションを内蔵させており、

 

 

歩きやすく、更に”Repetto(レペット)”ならではの軽さも魅力です。

 

 

革製のヒールは高さ2cm。ヒール表面はラバー製の滑り止めが張られています。

 

 

機能性と 履き心地、洗練されたデザイン性を兼ね備えた、スタッフ一押しアイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・続いて、John branigan (ジョン ブラニガン)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

John Branigan(ジョン ブラニガン)

 

 

ドネガルツィードやアイリッシュリネンなど、良質な繊維の宝庫として知られるアイルランド。

その中でも有名な糸織りの町、ドロヘダで100年以上続く老舗ニットブランドJohn Branigan(ジョン ブラニガン)。

ブラニガンのファクトリーで作り出される独特の色使い、その卓越した織物は世界的にも評価が高く、

有名ブランドへのニット生地の供給も数多く行なっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

John branigan (ジョン ブラニガン)ノーカラーニットコート

col.navy/grey    ¥19950

 

アイルランド首相官邸や、英国の王室の壁紙なども手がけている由緒あるブランド、John Branigan(ジョン ブラニガン)の

 

 

ニットコート。ゆったりとしたビッグシルエットのリラクシングな着心地。太めの糸でざっくりと編み込まれた編み地が

 

 

ナチュラルで見た目にも優しい印象を与えてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイルランドのアラン諸島を発祥とするアラン編みの3種類のパターンを組み合わせ、ひとつひとつ丁寧に編み上げられた

 

 

ハンドニット生地。上質なウールを使い、しっかり目が詰ったニットは保温性が高く、暖かい着心地です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身頃はやや Aラインのスクエアフォルム。編み地をランダムに組み合わせているようでいて、サイドラインにはやや肉厚な

 

 

仕上がりになるハニカム模様を。フロントスタイルの左右には目の細かい鹿の子編みを施し、配置したパターンの張りと

 

 

用いた糸の重さによって、ボディのボリュームやシルエットを調整。立体感のある美しいシルエットを作り出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほどよい開きのノーカラー。風合いのある編み地がナチュラル感を漂わせつつも、すっきりとしたネックラインが

 

 

大人っぽいイメージに仕上げてくれます。ストールをプラスすればよりあたたかみのある印象に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袖はアームから袖口にかけ、やや幅広になった七分袖のパコダスリーブ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

両サイドのパッチポケットとフロントに並ぶ大きなボタンがアクセントに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆるやかな美しいドレープラインを描くニットコートは、デニムはもちろん、テーパードやスウェットパンツ、

 

 

今シーズン注目のタイトスカートなどを合わせればモードなイメージにも着こなせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・いかがでしたか?

 

 

今週から一気に気温が下がり、秋らしい気候になってきましたね。

 

 

StoreRoomでは秋物がぞくぞくと入荷しております。皆さま、ぜひご来店ください。

 

 

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地図

 

 

 

StoreRoom

 

東京都渋谷区神宮前4-9-2

 

tel : 03-5772-2317

 

fax : 03-5772-2318

 

 

(地下鉄表参道駅A2出口より徒歩5分)

 

 

*ストアルームは国内外のブランドを扱うセレクトショップです。

 

たくさんの商品とともにお客様のご来店をお待ちしております。

 

ぜひ、お客様らしいコーディネートを見つけに来てください。

 

(通信販売などもお受けしております。ぜひお気軽にお問い合わせください。)

 

 

 

 




back